マルチ言語インストールディスクの作成

  • Windowsの再インストールを行う前にWindows 転送ツールを使ってデータと設定を転送できます。
  • DVDに統合されているすべての言語は自動的にインストールされます。
  • デフォルトの言語をインストーラーの起動時に選択できます。
  • すでに複数の言語がインストールディスクに含まれていてもさらに追加することができます。
  • インストールしたいすべてのエディションのWindowsで新しい言語を統合する必要があります。
  • インストール後にインストールされている言語を変更するためにVistalizatorが必要です。

Windows 7の以下の指示に従って言語を追加

  • 32-bit Windows 7 であるか確認してください (64-bit Windows 7インストールディスクを作るためには)
  • 32-bitビットまたは64-bitビットWindows 7インストールディスクを用意してください
  • Microsoft Windows Automated Installation Kit for Windows 7 をダウンロードしてください。(1706 MB)
    ダウンロードしたISOイメージをDVDに焼いてWAIKをインストールしてください。
  • EXE言語パックをCABに変換するために exe2cab.exeをダウンロードしてください。
  • 新しい言語を32-bit Windows 7 インストールディスクに追加するために langadd32-w7.cmd をダウンロードしてください。
  • 新しい言語を64-bit Windows 7 インストールディスクに追加するために langadd64-w7.cmd をダウンロードしてください。
  • langlist32-w7.cmd 32-bit Windows 7 言語選択をインストールディスクで表示させるためのバッチファイルをダウンロード
  • langlist64-w7.cmd 64-bit Windows 7 言語選択をインストールディスクで表示させるためのバッチファイルをダウンロード
  • w7.boot Windows 7 ブートレコードファイルをダウンロード
  • cdimage.exe ISOイメージ作成ソフトをダウンロード
  • cdimage-w7.cmd バッチファイルをダウンロード
  • langcode.txt: MUI言語の言語コードリストをダウンロード
  • Windows 7 32 RTM,SP1 インストールディスク用にWindows 7 32 SP1 言語パックをダウンロード
    (またはRTMのみであるが Windows 7 32 RTM 言語パックをダウンロード)
  • Windows 7 64 RTM,SP1 インストールディスク用に Windows 7 64 SP1 言語パックをダウンロード
    (またはRTMのみであるが Windows 7 64 RTM 言語パック をダウンロード)

  • 作業用フォルダを作成。例 D:\W7
  • WAIK以外のダウンロードしたファイルを作業用フォルダ (D:\W7) にコピー。
  • Windows 7インストールDVDのデータをフォルダー(D:\W7\DVD)にコピー
  • Windows 7イメージファイル(WIM)のマウント用にフォルダーを作成 例 D:\W7\Image
  • exe2cab.exe を使ってEXE言語パックをCABに変換
    (64-bit言語パックでのイメージエラーメッセージは無視してくださいを)
  • CABファイルの名前を変更しフォルダー(例 D:\W7\LP\CAB\lp.cab ) にコピーまたは移動してください
  • オプションで langlist32-w7.cmd管理者 として実行して32-bit Windows 7 DVDに統合されている言語リストを表示できます (64-bit Windows 7 ではlanglist64-w7.cmd)。
  • langadd32-w7.cmd管理者 として実行(64-bit Windows 7 ではlangadd64-w7.cmd):
    上記で作成したパスを使ってください。言語コード、Windows 7エディションコードは langcode.txt に書いてあります。
  • 統合プロセスが完了するまでお待ちください。これは最大で60分かかります。
  • 別のエディションに言語を追加、または別の言語を追加するにはこれをもう一度行ってください
  • 最後に cdimage-w7.cmd を実行してISOイメージを作成
  • 焼き付けソフトでISOイメージをDVDに焼いてください。
  • コンピュータを作成したDVDで起動。
  • 新しい言語が追加されているのでそれを選択してWindows 7をインストール

Vistaの以下の指示に従って言語を追加

  • 32-bit Vista であるか確認してください (64-bit Vistaインストールディスクを作るためには)
  • 32-bitビットまたは64-bitビットVistaインストールディスクを用意してください
  • Microsoft Windows Automated Installation Kit for Windows Vista SP1 をダウンロードしてください。(1205 MB)
    ダウンロードしたISOイメージをDVDに焼いてWAIKをインストールしてください。
  • EXE言語パックをCABに変換するために exe2cab.exeをダウンロードしてください。
  • 新しい言語を32-bit Vista インストールディスクに追加するために langadd32.cmd をダウンロードしてください。
  • 新しい言語を64-bit Vista インストールディスクに追加するために langadd64.cmd をダウンロードしてください。
  • langlist32.cmd 32-bit Vista言語選択をインストールディスクで表示させるためのバッチファイルをダウンロード
  • langlist64.cmd 64-bit Vista言語選択をインストールディスクで表示させるためのバッチファイルをダウンロード
  • vista.boot ブートレコードファイルをダウンロード
  • cdimage.exe ISOイメージ作成ソフトをダウンロード
  • cdimage.cmd バッチファイルをダウンロード
  • langcode.txt: MUI言語の言語コードリストをダウンロード
  • Vista 32 RTM,SP1,SP2 インストールディスク用にVista 32 SP2 言語パックをダウンロード
    (またはSP1のみであるが Vista 32 SP1 言語パックをダウンロード)
    (またはRTMのみであるが Vista 32 RTM 言語パックをダウンロード)
  • Vista 64 RTM,SP1,SP2 インストールディスク用に Vista 64 SP2 言語パックをダウンロード
    (またはSP1のみであるが Vista 64 SP1 言語パック をダウンロード)
    (またはRTMのみであるが Vista 64 RTM 言語パック をダウンロード)

  • 作業用フォルダを作成。例 D:\Vista
  • WAIK以外のダウンロードしたファイルを作業用フォルダ (D:\Vista) にコピー。
  • VistaインストールDVDのデータをフォルダー(D:\Vista\DVD)にコピー
  • Vistaイメージファイル(WIM)のマウント用にフォルダーを作成 例 D:\Vista\Image
  • exe2cab.exe を使ってEXE言語パックをCABに変換
    (64-bit言語パックでのイメージエラーメッセージは無視してくださいを)
  • CABファイルの名前を変更しフォルダー(例 D:\Vista\LP\CAB\lp.cab ) にコピーまたは移動してください
  • オプションで langlist32.cmd管理者 として実行して32-bit Vista DVDに統合されている言語リストを表示できます (64-bit Vista ではlanglist64.cmd)。
  • langadd32.cmd管理者 として実行(64-bit Vista ではlangadd64.cmd):
    上記で作成したパスを使ってください。言語コード、Vistaエディションコードは langcode.txt に書いてあります。
  • 統合プロセスが完了するまでお待ちください。これは最大で60分かかります。
  • 別のエディションに言語を追加、または別の言語を追加するにはこれをもう一度行ってください
  • 最後に cdimage.cmd を実行してISOイメージを作成
  • 焼き付けソフトでISOイメージをDVDに焼いてください。
  • コンピュータを作成したDVDで起動。
  • 新しい言語が追加されているのでそれを選択してVistaをインストール

Windowsのインストールが終わったら現在の表示言語以外の言語は自動的に取り除こうとされます。(インストーラーで選択した言語以外)。 そうしないために以下の操作を行ってください。:

  • Vistalizatorを起動することでそれを止めることができます。
  • ファイル名を指定して実行に「C:\Windows\System32\lpremove.exe /c」と書いて実行してください:これで取り除こうとするスケジュールを止めることができます。
    (これをしないとすべての言語が取り除かれることを忘れないでください。)
  • lpremove.exeがログイン時に起動するように設定されているスケジュールを削除する。
    タスクのスケジュール -> タスクスケジューラライブラリー -> Microsot -> Windows -> MUI -> LPRemove
Valid XHTML 1.0 Strict    Valid CSS!